Hollow Point

1年ぶりの更新となります。今回紹介するのはフロイドローズ用のHollow PointとKTSのチタン製インサートブロックです。

 

実はこれらを入手して取り付けたのはもう1年以上前ということで記憶が曖昧になっている点もありますが簡単に紹介したいと思います。

 

Hollow Point

f:id:BailablePusuke:20170617233113j:plain

f:id:BailablePusuke:20170617233128j:plain

実売8000円程度でした。フロイドローズにポン付け出来ます。パッケージ裏面の画像を見ていただくとどのような構造になっているのかお分かりいただけるかと。これを装着することにより面倒なフロイドローズのオクターブ調整が楽に行えるようになります。

具体的にどのように楽になるかというと、通常フロイドローズのオクターブ調整を行うには六角レンチが必要でしたが、Hollow Pointを装着するとストリングロックスクリューの太い部分を指で回すことによりサドルの位置を前後移動させられるので六角レンチが必要なくなるのです。勿論サドル部のネジは緩める必要はありますが調整時間の大幅な短縮が見込めます。

 

KTS チタン製インサートブロック

f:id:BailablePusuke:20170617233726j:plain

チタン製。実売3000円ぐらいでしたかね? 以上です。

 

取り付けるとこのような感じになります。

f:id:BailablePusuke:20170617234058j:plain

肝心の音はどうなのかという話ですが、Hollow Pointとインサートブロック、さらにPUも同時に交換したので正直違いが分からないというかどのパーツがどの効果をもたらしたのか特定出来ないという大変申し訳ない結果となりました。

 

特にチタン製ブロックについては本当に効果が分かりません。ただ、Hollow Pointに関しては生音に大きな変化が見られました。鳴りがよくなったというかリヴァーブ感が付属されたという感じで弾いててちょっと気持ち良いですね。

 

Hollow Pointは面倒なフロイドローズのオクターブ調整にかける労力が軽減されるという意味でオススメ出来ます。音の変化については取り付けるギターによって異なる可能性があるかと思われます。チタン製ブロックはまあお好みで…。

 

1年ぶりの更新なのにまるで役に立たないアイテム紹介でした。(後に何か思い出したら追記する可能性アリ)

広告を非表示にする